マテリアリティ

メドレーは、ステークホルダーの期待や要請に応えていくため、優先的に取り組むべき重要課題(マテリアリティ)を特定いたしました。これらの重要課題に取り組むことで、社会に対する継続的な貢献と自社の企業価値向上の両立を目指していきます。

マテリアリティ(重要課題)の特定プロセス

Step 1 マテリアリティ項目候補の抽出

SASB(サステナビリティ会計基準)やGRIスタンダード、SDGs (国連の持続可能な開発目標)といった国際的な指標を参照し、またステークホルダーの声を踏まえ、メドレーの事業活動や企業文化に関連性の高い社会課題を抽出いたしました。

Step 2 自社及びステークホルダー視点での評価

上記Step 1で抽出・整理した項目について、自社およびステークホルダー視点での評価を実施しました。
投資家、ESG評価機関、メディアなどが公表している情報についても勘案しております。

Step3 自社によるマテリアリティの特定

抽出・整理した社会課題について、取締役会および社内での議論を通じて、メドレーの経営戦略との関連性の中で優先的に取り組むべき重要課題を特定いたしました。

マテリアリティ(重要課題)

上記のプロセスを経て、メドレーは下記のマテリアリティ(重要課題)を特定しました。当該マテリアリティは、当社のミッションである「医療ヘルスケアの未来をつくる」に直結する項目となっております。
今後も、外部環境の変化やステークホルダーとの対話等を踏まえ、マテリアリティやそれに関連した取り組みについて、定期的に更新を行って参ります。

医療ヘルスケアの未来をつくる

一覧に戻る

jp