医療ヘルスケアの未来をつくる

メドレーは医療ヘルスケア分野の課題を解決するために設立されました。医療福祉をはじめとする計画経済領域では、規制や需給調整による影響から自由経済領域と比較して複雑な産業になりやすく、テクノロジー活用が遅れています。その結果、産業のポテンシャルを活かしきれていないと私たちは考えます。インターネットを始めとする情報技術を活用し、満たされていない実需に貢献していきます。

長期的な視点で、成し遂げられる組織を

素晴らしい時代に生きている実感がありつつも、医療ヘルスケア分野の課題解決に取り組んでいると、世の中には困っている人々が沢山いることに気づきます。根深い課題を解決するためには長期的な視点で本質的なアプローチが必要となるため、短期的に利益に繋がりづらいものも多く、時に挑むことも避けたくなるような困難もたくさん訪れます。
世の中には数多の会社がありますが、私たちはその中でも「多くの実需を満たし、課題を解決していく会社」 となるべく、困難なことを成し遂げられる組織づくりを志向しています。

凡事を非凡な水準で極める

大きなことを成し遂げている世界トップクラスの企業をよく見ると、一つ一つの仕事に対するこだわりやその完成度が極めて高く、それらが積み重なることで圧倒的な価値の創造を実現していることに気づきます。
私たちが取り組んでいる仕事は、そのほとんどが決して派手なものではなく、地味なことの積み重ねかもしれません。しかしそういう一つ一つの仕事を、非凡な水準で極める集団だからこそ、成し遂げられる境地があるのではないでしょうか。
私たちはこの考え方を信じ、「凡事徹底」という行動規範を定めています。全ての従業員のが大切にする指針として、その要素を言語化することで、日々の行動に浸透させています。
常に長期的な視点を持ち、目の前の仕事に対して、丁寧に取り組み続ける。現状に満足せず常に高みを目指し続ける集団であることを社風としています。

Date: JUNE 2019
次の記事

CREATOR'S STORY

一覧に戻る

関連する事業

関連する記事