新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、CLINICSオンライン診療を一時的に調剤薬局向けに提供開始します

2020.3. 4 お知らせ

2020年2月28日に厚生労働省より、「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて」という事務連絡が発出されました。


本通知では、診療所・病院や調剤薬局において感染源と接する機会を減らすために、

■診療所・病院が、慢性疾患等を有する患者を電話や情報通信機器を用いて診療し、医薬品を処方すること
■患者が希望する薬局に診療所・病院がファクシミリ等により処方箋情報を送付すること
■薬局が、患者に電話や情報通信機器を用いた服薬指導を行い、調剤された薬剤を患者宛に郵送すること

が許可されています。


これを受けメドレーでは、国家戦略特区での事例を除き診療所・病院に限定していたCLINICSオンライン診療の提供を一時的に調剤薬局にも拡大し、調剤薬局向けの導入相談窓口を設置します。


CLINICSオンライン診療が調剤薬局に導入されることで、患者はオンライン診療と服薬指導を同一アプリ内で完結し、外出することなく診療を受け薬剤を受けとることが可能となります。


◆「CLINICSオンライン診療」 調剤薬局向け導入相談窓口について
下記メールアドレスへお問い合わせをお願いします
clinics@medley.jp
※ お問い合わせの際は、件名に「調剤薬局向けオンライン診療導入相談」と、本文に[屋号名][ご氏名][お電話番号][メールアドレス]をご記入の上、お問い合わせください。


◆本件に関するお問い合わせについて
報道関係者様からのお問い合わせはこちらからお願いします。


※2020年3月6日追記
・CLINICSオンライン診療は診療所・病院を主な対象としたシステムであり、本件は厚生労働省の事務連絡を受けての一時的な対応となります。安全・確実なオペレーションが構築できない場合には導入を見送らせていただくことがございます。
・上記に伴いタイトル、本文の一部を修正させていただいています。

jp