愛知県におけるオンラインでの服薬指導の開始について

2018.6.18 お知らせ

本日、株式会社アインホールディングスが、りゅう市役所北 内科・リハビリ科と連携し、全国初となるオンラインでの服薬指導を愛知県の国家戦略特区で開始することを発表しました。


現在は、オンライン診療を受けた後、患者は薬局に出向き、薬剤師による対面の服薬指導を受けて薬を受け取る必要があります。
しかし愛知県が国家戦略特区における処方箋薬剤遠隔指導事業を開始したことで、愛知県の特定地域に住む患者であれば、薬局とオンライン(テレビ電話など)で繋がり自宅などで服薬指導を受け、薬局に行かずとも薬を受け取ることができるようになりました。


りゅう市役所北 内科・リハビリ科は、メドレーが提供するオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」を導入し、スマートフォンやPCを通じて医師の診療が受けられる「オンライン診療」を実施しています。


メドレーでは、りゅう市役所北 内科・リハビリ科をはじめ、国家戦略特区におけるオンライン診療とオンラインでの服薬指導との円滑な連携を支援して参ります。


◆詳細はこちら
全国初となる国家戦略特区における薬剤遠隔指導の開始について(株式会社アインホールディングスのニュースリリース)
http://www.ainj.co.jp/Portals/0/ir/news/20180618_2.pdf


◆本件に関するお問い合わせはこちら

PAGE TOP