広報担当

事業連携推進室

当社は「医療ヘルスケアの未来をつくる」をミッションに、テクノロジーを活用した事業やプロジェクトを通じて「納得できる医療」の実現に挑戦しています。

2009年に創業、2019年末にマザーズ上場に上場し、2021年10月時点でメンバーは約700名と、ベンチャーから社会の公器となるような企業へのステップをまさに登っています。

そのなかで、弊社の広報の特徴は、従来のPRという概念ではなくPA(Public Affairs)という概念で業務を行っている点にあると考えます。「日本という国はどういう方向へ向かうべきなのか」「医療のDXが起こるために、そもそもの世論やメディアの論調といったものがどうあるべきなのか」「メディアだけでなく、省庁や国会議員、業界団体などとの連携は取れているのか」「世の中への発信のなかで、メドレーはどういうポジションであるべきなのか」といった、様々な要素を常に慎重に吟味しながらその発信の内容や対象、手段を選択しています。

このような広報活動を実施するために、広報グループは「事業連携推進室」という組織内に存在しており、学会や医師会との連携を行う医師、省庁や国会議員、業界団体などと情報交換や連携を行う元官僚、自治体との連携を推進するPR会社出身者企業との連携を推進する製薬企業出身者といった、さまざまなバックグラウンドを持つメンバーと一緒に動いています。
「狭義の広報(PR)」から、業界や日本全体のことを考え、中長期的な「うねり」や「文化」を作っていくような「広義の広報(PA)」に挑戦したい広報経験者の方と「医療ヘルスケアの未来をつくる」に向けてご一緒したいと考えています。

募集概要

必須なスキルや経験
  • 2年以上の広報経験のある方(ないしは広報ポジションに前向きにチャレンジしていきたい方)
  • 礼節を持った対応ができたうえで、関係各所に対して伝えるべきことを伝わりきるまで粘り強く積極的なコミュニケーションができる方
  • 短期的な思考だけではなく、中長期的な本質的な思考もできる方
  • 会社としての主観的な視点だけでなく、業界や国全体を俯瞰した視点も持てる方
歓迎するスキルや経験
  • 経営方針と連動した広報戦略の立案主導を通じて、企業認知向上を大きく牽引した経験
  • 業界全体の啓蒙や、業界団体を巻き込んだPR活動を主導した経験
  • コーポレート・ブランディングに携わった経験
求める人物像
  • 社内外の関係者を巻き込み、オーナーシップを持って仕事を進められる方
  • 正しい常識を持ち合わせ、丁寧な印象のコミュニケーションができる方
  • アウトプットの細部までこだわることができる方
雇用形態
正社員
勤務時間
原則 10:00-19:00として応相談
※休憩1時間含む、時間外労働あり
待遇
昇給年2回、交通費全額支給、社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
福利厚生
住宅補助(該当条件により月額3万円支給)、家族手当(既婚者は月額3万円支給)
休日・休暇
完全週休2日制(土、日曜日)、祝祭日、年末年始、有給休暇
給与
経験・能力に応じて要相談
就業場所
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
備考
  • 屋内禁煙(ビル共用部分に喫煙室有)

  • 株式会社メドレーの過去3年間の中途採用比率
  • 2020年度:96%  2019年度:90%  2018年度:98%
    ※正規雇用労働者の採用者数に占める正規雇用労働者の中途採用者数の割合

    一覧に戻る

    jp