亀田総合病院のがんセカンドオピニオン外来にオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」を導入 - スマートフォンやPCを通じてビデオチャットで診察 遠方から来訪する負担を軽減

2018.1.31 ニュースリリース

株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役医師:豊田 剛一郎、代表取締役社長:瀧口 浩平)は、医療法人鉄蕉会 亀田総合病院(千葉県鴨川市、院長:亀田 信介、以下「亀田総合病院」)が、セカンドオピニオン外来向けにオンライン診療アプリ「CLINICS※1」を導入したことを発表します。亀田総合病院では、本日よりオンライン診療の受付を開始します。


■概要
オンライン診療とは、スマートフォンやPCなどを通じて、自宅などから医師の診療が受けられるものです。これまでオンライン診療は離島へき地に限るものと考えられてきましたが、2015年8月の厚生労働省の通達※2を受け、都市部を含めた全国に広がりつつあります。生活習慣病などの慢性疾患を中心に活用が進んでおり、外来、入院、訪問診療に次ぐ4つめの診療の形として注目を集めています。
亀田総合病院では、こうしたオンライン診療によるがんセカンドオピニオンを、紹介状をもつ患者向けに開始します。さらに、ライフネット生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩瀬 大輔)の「がん生活サポートサービス※3」のひとつのメニューとして提供します。


■導入の背景
亀田総合病院は、千葉県南部の基幹病院として、全34科、一般病床865床、精神52床の設備を持つ高度急性期病院です。また、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、基幹災害医療センター、地域がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院等、千葉県南部におけるほぼすべての公的医療サービスの指定を受け、地域医療を担っています。
近年、こうした豊富な事例をもとにしたセカンドオピニオンを求める患者が増加していますが、千葉県以外の遠方から受診する人も多く、大きな移動負担をかけてしまうことが課題となっていました。グループである東京都の亀田京橋クリニックでもセカンドオピニオン外来を行うなど対応してまいりましたが、この度、従来の対面診療に加えてオンライン診療を活用することが決まりました。
システムには、全国800を超える医療機関へ導入され、豊富な活用実績と充実した支援体制を持つCLINICSが採用されました。


■オンラインによるがんセカンドオピニオン外来の流れ
1. 予約
オンライン上で予約可能です。
診察日の数日前までに、今かかっている主治医の紹介状(今まで行ってきた治療、今後の治療方針、検査データ、お薬の情報など)を、亀田総合病院に送付します。
・CLINICS予約ページ: https://clinics.medley.life/clinics/5a20ce02373c2715afbcfd75


2. 診察
Web予約完了後に提示される指示に従い、ビデオチャットを起動し診察の準備をして待機します。
予約日時になったらCLINICSに通知が来て、診察がはじまります。


3. 会計
予約時に登録したクレジットカードに対して自動的に決済が行われます。


《お問い合わせ先》
・亀田総合病院(代表):04-7092-2211


※1 オンライン診療アプリ「CLINICS」について
CLINICSは、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までオンラインで完結することのできるオンライン診療アプリです。患者は手持ちのPCやスマートフォンを用いて、自宅や会社にいながら診療を受けることができます。2016年2月の提供開始以来、全国800を超える医療機関に導入されています(2018年1月現在)。
対面診療に組み合わせることで、主に慢性疾患における通院継続を支援できることから、「かかりつけ機能」の強化に有効であると考えられ、クリニックを中心に普及が進んでいます。


※2 厚生労働省による遠隔診療通達について
2015年8月10日、遠隔地にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う診療、いわゆる「遠隔診療(オンライン診療)」の解釈に関する通達を厚生労働省が発表しました。通達前の遠隔診療に対する見解は「離島やへき地の患者などの対面診療が物理的に難しいケースを除いて原則禁止」とするものでしたが、この通達では、「患者側の要請に基づき患者側の利点を勘案した上で直接の対面診療と組み合わせて行う限り差し支えない」という見解が確認されました。さらに2018年4月の診療報酬改定に向け、オンライン診療の評価に関する議論も進んでおり、今後ますますの普及が見込まれます。


※3 「がん生活サポートサービス」について
「がん生活サポートサービス」は、ライフネット生命保険株式会社が、保険会社として、給付金のお支払いのみに留まらず、がん罹患後の日常生活も支援することを目的とした新しいコンセプトのサービスです。がん罹患時に働きながら治療を続けるために、がん経験者の声に基づいて選定した便利なサービスを紹介しています。


■株式会社メドレーについて 
メドレーは、エンジニアと医師・医療従事者を含む開発チームを有し、「医療ヘルスケア分野の課題を解決する」というミッションのもと、インターネットサービスを提供しています。現在は、よりよい医療・介護の実現に向けて、以下の4つのサービスを展開しています。


メドレーのサービスラインナップ
医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」 
オンライン診療アプリ「CLINICS」
医療介護の人材採用システム「ジョブメドレー」 
介護施設の口コミサイト「介護のほんね」


会社概要
設立: 2009 年 6 月 5 日
所在地: 東京都港区六本木 7-15-7 新六本木ビル 7F
代表取締役医師:豊田 剛一郎 代表取締役社長:瀧口 浩平


※PDF版はこちらからご覧いただけます。
NewsRelease_亀田総合病院のがんセカンドオピニオン外来にオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」を導入


■本件に関するお問い合わせはこちら

PAGE TOP