社内に医者をはじめとした医療従事者が常駐しているということが決め手

メドレーに入られたきっかけを教えてください。

前職は株式会社サイバーエージェントでソーシャルゲームのフロントエンドエンジニアをしていました。その前の経歴は何社かありますが受託開発の会社でフロントエンドの仕事をしていました。
メドレーについては知り合いの方から「こんな会社がありますよ」と紹介されたことがきっかけです。それまで医療系という分野に強い興味があったわけではないのですが、代表の瀧口やCTOの平山、他のエンジニアに話を聞いてやっている事業が面白そうだというのと、社内に医者をはじめとした医療従事者が常駐しているということが決め手になり入社を決めました。
技術的なバックグラウンドで言うと、個人的には勉強はしていましたがサーバーサイドやネイティブアプリも仕事として手がげていきたいと思っていたところだったので、それが実現できる環境だということも入社に際しての大きい要因になっています。

ワンストップで実装することによってコミュニケーションロスなどが最小限に

メドレーではどのようなお仕事をされているんですか?

現在は遠隔診療のソリューションであるCLINICSというサービスの担当をしています。自分のバックグラウンドとしてJavaScriptなどのフロントエンドのレイヤーがメインではありますが、サーバーサイドのAPIが必要であればRailsの実装もしますし、先日出たiOS版もエンジニア全員で担当して作っています。案件があればワンストップでバックエンドからフロントエンドまで担当する感じになります。
メドレーに入社する前まではフロントエンド・サーバーサイドなど各領域でそれぞれ話し合いをしながら実装するという機会が多かったのですが、現在のようにワンストップで実装することによってコミュニケーションロスなどが最小限になるので、仕様の検討などに時間を十分に割いてもスピーディーにリリースまでいけるというのが利点だと感じています。

社内のプロフェッショナルと一緒に解決していくことがとても面白い

仕事でやりがいを感じることを教えてください。

遠隔診療自体がまだまだ未踏の領域でブルーオーシャンな部分が多く、機能の実装などにも法的な視点や、医療従事者向けの視点など、ユーザーの視点以外にも色々な検討をしないといけません。このような課題もそれぞれの社内のプロフェッショナルと一緒に解決していくことがとても面白い部分でもあり、やりがいがある部分です。このチームで遠隔医療という新しい分野でのデファクトスタンダードと認識されるようなプロダクトにしていきたいと思っています。

自分で責任を持ってやれるのであれば、自由にやっていける

自身もフロントからフルスタックに挑戦しつつ、若手エンジニアのメンターとして教える機会も多いと思いますが、プレイヤーとしてメンターとしてメドレーのエンジニアチームにはどんな印象を持っているでしょうか

個々人がプロダクトの課題を解決していきつつ、全員情報感度が高いので新しい技術なども考えつつ取り入れるというバランス感覚が良い人が多い印象があります。今まで会社でやっていなかったような技術スタックなどでも、ちゃんと自分で責任を持ってやれるのであれば、自由にやっていけるという雰囲気があります。

仕事はみんな各自で自主的にグイグイと進めていく

エンジニアチームの雰囲気を教えてください。

メドレーのエンジニアチームは経験豊富な人材が揃っているので、オンとオフの使い分けなどが大変うまい印象があります。また仕事はみんな各自で自主的にグイグイと進めていくのでマネジメントコストが最小になっていると思います。

本来の意味でのエンジニアリングができる人と一緒に仕事をしたい

一緒に働きたい人のイメージを教えてください。

自分で考えて仕事を進めていける人。どのプロダクトでもそうなのですが、言われたタスクを黙々とやっていく…というよりは、問題を認識してそれを解決するという本来の意味でのエンジニアリングができる人と一緒に仕事をしたいと思います。