自分が作ったものを世に出して評価を受けたい

メドレーに入られたきっかけを教えてください。

自分が作ったものを世に出して評価を受けたいという気持ちでエンジニアになり、最初はインフラ担当でしたが開発に関わる仕事をしていました。会社も自社サービスを中心としつつ受託開発をやっていた会社でしたが、受託メインの流れがだんだん強くなってくるタイミングになり、転職を考え始めました。
フリーも考えましたがチームで働くことへの憧れと、最初の「自分が作ったものを世に出して評価を受けたい」という気持ちから事業会社に絞って探し始めました。当時から興味のあったヘルスケア分野で、会社としてまだまだ完成されていないメドレーだとサーバサイドを主軸にフルスタックとしてやって且つプロダクト運営にも関わることが出来そうだったので、自分のやりたいことが実現できると思い入社しました。

必要とされるスキルをバランスよく保持/習得していける能力

メドレーではどのようなお仕事をされているんですか?

今はジョブメドレーのシステム全般を担当しています。フロントエンド、サーバサイド、インフラと一通り作業しており、これは今のフェーズでは特定の分野に特化しそれしか出来ない(やらない)人よりも、サービスを運営/成長させるのに必要とされるスキルをバランスよく保持/習得していける能力が必要と判断した結果からそのようにしています。
必要とされるスキルはエンジニアリングのみに限らず、サービスを運営/成長させる為に、与えられた仕事の中で自分が出来る事は何かを考え自走するスキルも必要です。
全員が平均点をとれるチームも良いですし、多少あべこべでもよくて、得意分野をチームへ還元してチーム全員のスキルを底上げをし、その人自身も他のメンバーから別分野について教わって一緒に詳しくなっていく、という流れが理想的です。

自分たちの狙ったとおりの効果が出た時が一番楽しい

仕事でやりがいを感じることを教えてください。

何かしらの機能追加や改善を行って、自分たちの狙ったとおりの効果が出た時が一番楽しいです。効果というのは計測している具体的な数字ですが、その数字分ユーザーのリアクションがあるということなので、言葉はないものの利用状況などが見て取れて直接的なフィードバックをもらっているような気がします。
後は、チームとして成長出来ている感じが得られた時はやはりやりがいを感じます。

当時感じた可能性以上の会社になりつつある

稲本さんはエンジニアチームの中でもメドレー歴が長いエンジニアになりましたが、会社として、エンジニアチームとしてメドレーの最近の変化について聞かせてください。

入社当時は求人メディアの運営しかまだしていませんでしたが、事前に会社の情報を調べたり、実際に社長の瀧口さんや現場の人の話を聞いている中で、近い将来に大きな仕掛けをしていく会社だと感じていました。入社してからは様々なバックグラウンドを持った人が続々入社してきており、今では当時感じた可能性以上の会社になりつつある気がしています。
エンジニアチームとしては、これからもその時々に最適な形に変化し続けていけるような柔軟なチームでありたいと思っています。

日常の生活はきちんと過ごす

働く上で大事にしていることはありますか?

健康とモチベーションです。具体的にどうやってるかとかは無いですが、医療領域に関わる身として日常の生活はきちんと過ごすようにしています。
モチベーションにはちょっときついなという状況であえてぎりぎり出来る目標を決めてやりきってみる、眠い時はとにかく眠るとか、メリハリをつけるようにしています。
余裕が多くて安泰になると今何かやることあるっけ、と感覚が鈍ってしまうことの方が多いので、モチベーション維持には注意しています。

特定の領域を得意分野としている、または平均的に技術要素を抑えている人

一緒に働きたい人のイメージを教えてください。

特定の領域を得意分野としている、または平均的に技術要素を抑えている人です。インタビューを通して話していることですが、サービス運営/成長のためにスキルをバランスよく保持/習得していける人を理想とするので、不得意な領域でもチャレンジして得意に近づけていける、抑えている技術要素を更に得意分野としていくことが出来るモチベーションを持った人が望ましいです。
またメドレーには経験豊富なメンバーが多いので、同じように自走して物事を進めていくことが出来る人や、技術だけを大事にせずプロダクトを大事に出来る人と一緒に働けたら嬉しいです。